GanttProjectの始め方

いよいよGanttProjectを起動します。日本語対応しているので、操作もすんなりと行えるはずです。

 

GanttProjectの基本構成

デスクトップにできたGanttProjectのアイコン GanttProjectアイコン  をダブルクリックするとGanttProjectが起動します。初めは、空のプロジェクトが開きます。画面構成は非常にシンプルで分かりやすいものです。

1. メイン画面(バージョン2.0.10)

GanttProjectメイン画面

メニュー

  • ファイル操作(保存、インポート、エクスポート、印刷等)
  • タスク操作(新規タスク、タスク編集、タスクのリンク操作等)
  • カレンダー操作(カレンダー縮尺変更、カレンダー移動)

表示切り替えタブ

  • 『ガント』により、タスク別のガントチャートを表示します。
  • 『担当者』により、担当者ごとにタスクが割り当てられているスケジュールを表示します。

タスク一覧表示領域


Sponsored Link

  • 作成するタスクがツリー形式で表示・管理されます。

ガントチャート表示領域

  • タスクに対してのスケジュールがガントチャートで表示されます。タスクが別のタスクにリンクされている場合は、それが一目でわかるように矢印によって結ばれます。

 

2. タスクプロパティ編集画面

下の画面は、タスクを追加し、それぞれに日付のFrom – Toを定義した簡単なサンプルです。タスクは入れ子上に定義することもできます。サンプルで見ると「タスクCCC」でグルーピングした「タスクCC1」「タスクCC2」に対して個別に日付を割り当てできます。また、タスクから次のタスクに結ばれる矢印はタスク同士の繋がりを表現したもので、「先行タスク」設定により自由に割り当てできます。

GanttProjectタスクの追加

 

GanttProjectの始め方のご紹介は以上です。


Sponsored Link

関連記事

記事はありませんでした

Comment

  1. […] ttProjectのススメ : 無料ガントチャート作成ツールをご紹介します」http://ganttproject.project-mng.org/ganttproject-get-start/post-29.htmlというサイトでも使い方を説明しています。このページの右側には […]



PAGE TOP ↑